過払い金請求について
image

セカンドオピニオンの交通事故相談

最初に交通事故相談を行った弁護士に、そのまま依頼しないといけないという必要はありません。最近では医師でもセカンドオピニオンを利用しますが、交通事故相談においてもセカンドオピニオンを利用する事ができます。

複数の弁護士に交通事故相談をする事で、その中から本当に自分がいいと思う弁護士に交通事故相談をする事ができます。どの様な結果になるか分からないという時や、本当に深刻な場合に関しては、セカンドオピニオンの交通事故相談を受けてみる事をおすすめします。実際に問題の解決となれば、対応してもらうまで分からない事もありますが、サービス面などについては、話をする事でわかる事もあります。

有効な交通事故相談について

交通事故相談においては、弁護士のみならずさまざまな専門の機関で行われています。それだけ事故が多く発生していることが背景に挙げられています。事故の加害者側になった際には保険会社のサポートをえることができますが、被害者側になった場合にはサポートをえることができず、2対1の構図ができあがってしまいます。

そのような時に確固たる態度で、向き合えるかどうかが重要になってきます。交通事故の知識が低いと残念ながら、足元を見られがちです。このような事態に陥らないためにも、被害者側もしっかりとしたサポートを得ることが大切です。

交通事故相談を行う際について

車社会の現代、交通事故のトラブルが常に付きまとい、交通事故相談の相談件数については年々、増加傾向にあることが分かっています。増加傾向になった背景としては、保険会社による弁護士特約が広く知られるようになり、普及したことが挙げられます。

事故の被害や状況によって、さまざまなケースが考えられますので、弁護士に立ち会ってもらうのは有効な手段とも言えます。費用のことで心配している方も多いかも知れませんが、賠償金が4倍にもなるケースがあると言われています。後になって後悔しないためにも専門家に依頼した方が良いと言えます。

交通事故相談をする機関について

車社会が発達した現代において、毎日至るところで交通事故も起こっていますので、気をつけていても交通事故に巻き込まれてしまうケースは多々あります。そのような時には、相手の言うままにならないためにも毅然とした対応と判断が求められます。

交通事故の交渉ごとは、自分の力だけで解決することもできますが、専門家に依頼することで得することもあります。交通事故相談については、都道府県の窓口や国土交通省が管轄する窓口でなどで、無料相談も対応してくれますし、交通事故を専門とする弁護士もいますので、一度相談してみてもいいかも知れません。

交通事故相談は誰にすべきか

交通事故相談は、保険会社にすると思っている方はまだまだ多いでしょう。もちろん保険会社に相談することで間違ってはいませんが、保険会社が提示する金額が絶対正しいという保証はありません。

加害者と被害者の保険会社同士は、お互いに交渉などしません。保険の内容に従って、事務手続きがスムーズに進められることを優先します。保険会社の提示額が妥当であるか確認してほしい場合は、交通事故弁護士に相談します。彼らは、弁護士基準という独自の基準を持っています。彼らに依頼することで、受け取り額が増額されたケースもあります。

交通事故相談の流れとは

交通事故に自分が合ってしまった場合に、自分で交渉などを進めるよりも交通事故相談所や、専門の弁護士に相談した方が早く解決することがあります。

交渉が完結するまでの流れとしては①交通事故が起きる②警察に事故現場にきてもらって、確認をしてもらう③病院へ行き治療してもらう④交通事故相談に間に入ってもらう⑤保険会社または加害者との交渉を行ってもらう⑥示談成立がよくある流れです。

警察に届けを出す際に「物損」と連絡してしまうと弁護士に入ってもらっても後から請求をかけることができなくなってしまいますので、よく確認した上証言しましょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事