過払い金請求について
image

過払い金請求

過払い請求という言葉を最近よく耳にしますが、借金の返済で払い過ぎた利息分の返金するように請求することを指します。

自分で手続きを行うこともできますが、お金が戻ってくるまでに約2~3ヶ月の時間がかかり、書類の作成や裁判所へ行く時間を確保しなければいけません。手続きが面倒なかたは代行してくれる専門家に依頼しましょう。

どのぐらいの金額が戻ってくるかは借入状況や返済状況により変わってきます。

時には100万円以上戻ってきたという人もいます。過払い金があるかどうかは引き直し計算をすればわかります。過払いは債務者の権利ですので思いあたる方は過払い請求をしましょう。

司法書士相談の前に過払いを計算

司法書士に相談して過払いを取り戻してもらえるのは嬉しいが、その前にも自分で少しでも状況を把握しておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。司法書士に相談すると過払いの金額について正確に把握する事ができますが、自分では全く分からないという分けではなく、大まかな金額であれば把握できる事もあります。

借入の金額を入力すると簡単に結果を表示してくれるものもあります。しかし、過払いは計算ができても、取り戻す手続きが難しい事から司法書士が欠かせない事もある様です。司法書士なしで過払いを取り戻す事ができればいいのですが、司法書士の力なしでは過払いの請求を行うのは難しいみたいですね。

自力で過払い請求

司法書士や弁護士の力を借りたいと考えていても、お願いしてしまうとかなりお金がかかる事もあります。できる事なら自力で過払い請求を行って金融機関からお金を取り戻したいという人は多い様です。

しかし、実際に個人で書類を使用し通知すると返事が返ってこなかったという人も中にはいるみたいです。

また、電話をすると司法書士や弁護士を通して行うか、裁判しか応じる事ができない、と言われたという人も中にはいるみたいです。

ただ、手続きを行うだけであれば、調べながら行う事もできると考えられますが、過払い請求は金融機関とのやり取りはマストになってきますので、その点において自力では難しいと感じている人が多い様ですね。

個人再生などの任意整理を司法書士に依頼するには

自己破産や過払い金請求、個人再生などの任意整理は、多額の借金によって多重債務に陥っている人にとって、借金を減額できたり、免除されるこれらの任意整理は、借金地獄から抜け出せる制度です。

いずれに相談にも共通することですが、借金問題を解決するには、法律の専門家に相談することで、早期に手続きに着手することができます。 法律の専門家というと、弁護士が思い浮かぶかもしれませんが、司法書士も法務大臣の認定を受けた場合には、一部の整理業務が認められるようになりました。 法律業務の代理としては、弁護士に依頼することになりますが、司法書士は弁護士よりも報酬が低く、面倒な書類作成も行い、申請方法も教えてくれる司法書士の方が、おすすめです。

大阪で過払い金交渉を得意とする弁護士の探し方

弁護事務所も積極的に広告活動をしているので、電車内の広告や看板などを見て、大阪や京都で過払い金請求を業務として行っている事務所を探すことができます。 慣れている弁護士事務所であれば、過払い金請求時の交渉もスムーズに行ってくれることが期待できるので、出来るだけ経験豊富な事務所を見つけると良いでしょう。

積極的にウェブサイトなどで業務を紹介している弁護士事務所も多いので、過払い金を得意としている事務所などを検索して探すことも出来るでしょう。 良い事務所は、実際に相談をしながら手ごたえを見て決めていくと良いでしょう。

司法書士などによっての過払い金請求の流れとは

司法書士に過払い金を依頼した際に、どのような経緯を経て戻ってくるのかを知っておくことで、不安になることはありません。まず、引き直しの計算を行う必要がありますので、貸金業者に対して開示請求をしなければなりません。

開示されるまで長くて3ヶ月かかってしまうケースもあります。開示された場合には計算を行うことができますので、これによって過払い金の金額が明らかになります。過払金額が分かり、貸金業者に対して交渉を行っていきます。なるべく依頼人に有利な金額に交渉します。貸金業者は裁判にならないようになるべく和解案を出してきます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い請求・借金相談に関する記事