過払い金請求について
image

交通事故慰謝料は 弁護士基準が高額なのでおすすめです

交通事故の被害にあってしまったら、すぐに、院なり診療などで診察を受ける事が大切です。何ともないような気がしていても、実は、脳内出血などを起こしていることもあります。命にかかわる危険も考えられるのです。

最も多いのは、車の衝突、追突の衝撃で、首や背中にしびれや痛みを感じる、むちうちといわれる症状が出る事です。治療をしてもなかなか良くならずに、日常に支障が出る事もあります。入院、通院、治療は面倒がらずに、継続して続けることが大切です。交通事故慰謝料には、入院や通院の日数が関係してきます。また、しっかりと納得のいく金額を得るためには、弁護士基準を選ぶ事が必要です。

交通事故慰謝料は弁護士基準で計算してもらいましょう

交通事故に遭遇した場合、一番揉めるのが交通事故慰謝料です。慰謝料は3つの基準で計算することが出来ます。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。自賠責基準は一番安価で、すぐに対応はしてくれますが、納得の行く金額が提示されることがほとんどありません。

一番高価なのが弁護士の基準による慰謝料の計算で、一番安価の自賠責基準との差が倍以上になる場合もあります。保険会社が提示してきた金額に納得が行かない場合は、すぐに弁護士に相談をして弁護士基準で交通事故慰謝料を計算してもらいましょう。全ての交渉を弁護士が代理で行ってくれるのでとても楽です。

交通事故慰謝料を請求するなら弁護士基準

交通事故慰謝料を請求するなら弁護士に依頼するのが一番確実に自分の希望する慰謝料の額を請求することができます。なぜなら弁護士は弁護士基準と呼ばれる基準で保険会社が慰謝料の見積もりを出してくるためです。この基準が一番価格は高く、今までの実績に基づいて求められている額になりますので、納得のいく額であることが多いです。

もし依頼するのをためらっているのであれば、お願いしてしまうことをお勧めします。例え弁護士への依頼費用がかかったとしても、それ以上の慰謝料をもらえることが確定しているからです。その差額で依頼費用を支払うことが十分にできます。

交通事故慰謝料は弁護士基準で、保険会社の基準と同じ?

交通事故弁護士が算定する交通事故慰謝料は、弁護士基準でおこないます。保険会社の基準ではありません。万が一被害者となったら、仕事を治療するために休まなければならない可能性もあります。その際の慰謝料も計算され、ケースによっては保険会社の提示した金額より40万円増額できたケースもあります。

弁護士に依頼することで、治療に専念できるメリットもあります。煩雑な手続きで精神的な負担を感じないようにすれば、治療の結果もよくなるはずです。医師に発行してもらう文書で足りないものがあれば、医師と直接やり取りもしてくれます。

交通事故慰謝料と弁護士基準について

交通事故慰謝料を求める時の弁護士に依頼した方がいいと勧められたことのある人も多いと思います。なぜわざわざ費用がかかる弁護士に依頼した方がいいと言われるのかというと、それは弁護士に請求してもらったのと、自分で請求したのでは弁護士基準と使用できるかできないかで大きくなってくると10倍ほどの差が生まれるからです。

10倍の差はかなり大きく、弁護士に依頼した費用を差し引いたとしても全く影響がない程度です。自分で請求したら90万円くらいだったが、弁護士に間に入ってもらったら110万円まで価格が上がったという人も少なくありません。この差は大きいです。

交通事故慰謝料と弁護士基準について勉強しよう

交通事故に遭遇して自身が負ってしまった怪我の入院費用や治療費、手術費用や通院費用などの諸費用を請求するために交通事故慰謝料がありますが、基準価格が決まっていて、どういった保険を使用するのかによって異なってきます。

自分で請求をかける場合には自賠責保険と呼ばれるものが基準になってきます。こちらは誰でも請求をかけることができるのですが、誰でも請求をかけることができる故に一番低い価格帯になっているのが特徴です。一方で、価格がこれよりもかなり上がってくるのが弁護士基準と呼ばれるもので、こちらは弁護士が請求する時に使用されるものです。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故に関する記事