過払い金請求について
image

むちうちで重度の後遺症が残った場合の慰謝料相場とは

むちうちは事故の大小限らず、症状が出ることがあります。またほとんどの場合は軽度なものでなかなか周囲からも本当に怪我をしているのか疑われるほどのものが多いですが、ひどい場合後遺症が残るほど重度な状態になることもあります。

もし後遺症が残った場合、等級の認定によって慰謝料を請求する事が可能です。大体の慰謝料相場は、重度の中でも一番軽度なもので100万円ほど請求する事ができます。この場合は神経に症状が残った場合認定されます。

また、重度の中でも一番重症なもので1000万円ほど請求できる事があります。むちうちの中でもかなりひどい症状で、神経に支障をきたし、身の回りのことでさえ不自由になり仕事もまともにできない為限定された事しかできなくなります。

なかなかむちうち自体が認定される可能性が薄いのでこのケースはかなり稀にしかありません。しかし、このくらいの症状がでてしまうと、目に見えるくらいの状態になりますので本当に怪我をさせてしまった場合は1000万円ほど請求されてもおかしくありません。また、軽度の事故を起こしその場では平気だったが数日後から数週間くらいに症状が現れるケースもありえますので軽度だからと安心しないようにする事が大切です。

むちうちで重度の後遺症が残った50代の男性の慰謝料相場とは

むちうちで重度の後遺症が残った50代男性の慰謝料相場に関しては、今や多くのメディアで大々的な紹介が行われることがあるため、隙間時間を使いながら、役立つ情報をキャッチすることがとてもおすすめです。

また、むちうちの症状の程度に関しては、人それぞれの体質や交通事故の際の衝撃の強さによって、大きな違いが出ることがあるため、ベテランのスタッフと継続的にコミュニケーションを図ることによって、様々な不安を解消することが良いでしょう。

現在のところ、人気の高い法律事務所のサポートの内容に関して、ネット上で度々取り上げられるケースが増えてきており、いざという時に備えて、信頼度の高い媒体を使いこなすことが肝心です。

そして、むちうちの慰謝料相場に関して知りたいことがある場合には、無料相談の仕組みが徹底している法律事務所に問い合わせをすることによって、腕利きの弁護士と司法書士とコンタクトを取ることができるといわれています。

もしも、50代の男性の交通事故に関するトラブルのケースについてわからないことがあれば、顧客サービスの良さに定評のある法律事務所のスタッフから助言を受けることが成功のポイントとしてみなされることがあります。

むちうちで重度の後遺症が残った20代の男性の慰謝料相場とは

自分が事故を起こしてしまったときには言いようもない恐怖と大きなショックが残りますが、もらってしまった事故の場合にも、「後遺障害」というやや重篤な疾患が残ってしまうことがあります。交通事故の場合、「むちうち」と呼ばれる後遺障害がとかく起こりがちです。

そのことばの響き以上に重篤な症状であるケースが多いですが、問題は、そういった後遺障害に対してどのくらいの慰謝料を請求することができるのかといった「慰謝料相場」の部分でしょう。20代男性の例で考えてみましょう。

20代男性の場合、多くはお仕事をしていますので、お仕事をお休みするほどの後遺障害であれば、「休業補償」を請求することができます。ただしこれは、厳密には慰謝料請求とは異なります。

むちうちなどの後遺障害の慰謝料は、①自賠責保険から、②任意保険からの保険金として支払われることになります。特殊なケースでは、③裁判所からの慰謝料支払い命令が出ることもあり得ます。

多くは①、②ですが、①の自賠責から支払われるケースでは、治療などにかかった日数分だけ「4200円/日」の計算によって保険金が支払われます。②の任意保険に関しては、その保険会社の規定によりますが、慰謝料相場は多少①よりも高くなることが多いです。 むちうちなどの後遺障害の慰謝料請求は、いろいろな角度から可能性を探りながら慎重に行いましょう。

むちうち慰謝料の相場について

交通事故での被害者側になった際には、いくつか抑えなければいけないポイントが出てきます。それは交通事故に遭ってしまった際に起こるむちうちでの負傷についても同様です。実は、むちうち慰謝料には相場が存在しています。

むちうちの慰謝料の相場を知らずに交渉してしまうと、相手の有利な方向に行ってしまう可能性もあります。そのようなことが決してないように、専門の機関に相談にしたり弁護士に依頼することは、必要なことと言えます。又、交通事故を専門としている法律事務所もありますので、必要があれば相談してみてもいいかも知れません。

むちうち慰謝料を相場通りに受け取るには

交通事故で被害者になった人で最も多い被害は、むちうちです。これは車が追突、衝突した時の衝撃で首に負担がかかりダメージを受けたものです。正式名は、脛椎捻挫、脛椎挫傷、外傷性脛部症候群といいます。

むちうち慰謝料を相場通りに受け取るためには、弁護士に相談するのが一番です。主治医から適切かつ十分な診断書を書いてもらう必要がありますので、事故時の車の写真を撮影し、レントゲンや画像の撮影をお願いしましょう。

通院回数が少ないと保険会社からの保険料の支給が止められることもあります。治療に専念することも完治には欠かせませんので、弁護士に依頼して煩雑な手続きから逃れることも損ではないはずです。

千葉県弁護士会

HP

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

むちうち慰謝料相場に関する記事