過払い金請求について
image

弁護士基準の交通事故慰謝料は根拠が必要?

交通事故慰謝料の算定には、3つの方法があります。自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準です。そして、状況が同じでも、どの基準を使うかによって、慰謝料の金額に差があります。もっとも、安いのが自賠責保険基準で、その次が任意保険基準です。もっとも、慰謝料が高額になるのは弁護士基準です。

この基準を適用するには、まず、弁護士に依頼して、加害者側相手と交渉させ、場合によっては訴訟することが必要です。弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかりますが、慰謝料を多く取れると、弁護士費用を差し引いてもかなり残るわけです。弁護士依頼した場合の交通事故慰謝料は、任意保険の基準と比較すると10倍程度も差が出ることがあります。弁護士に依頼するにしても、慰謝料は損害賠償なので、損害の存在を証明し、慰謝料請求の根拠としなければなりません。弁護士に依頼するかどうかまだ決めていなくても、事故が起きたらまず写真を撮りましょう。修理前の車についても、保険会社などとは別に自分で写真を撮ります。そして、医者に行ったら、レントゲンやCT、MRI検査を要求します。

そして、医者の質問には、明確に答え、完治を目指して治療して下さい。仕事があるから、通院できないというようでは、通院回数が少なくなり慰謝料も少なくなります。通院回数は証明できるので、かならず、治るまで、通院して下さい。保険会社や相手との会話を録音して駆ことも重要です。この様に弁護士に依頼したときの証拠として残せるものは何でも残しておきましょう。

弁護士基準の交通事故慰謝料の相談にかかる費用とは

弁護士基準の交通事故慰謝料の相談にかかる費用は、各地の法律事務所の経営方針やスタッフのスキルの高さなどによって、大きなバラつきが出ることがあるため、早いうちから資料請求をすることが有効です。最近では、交通事故の被害者やその家族を対象として、良心的な対応が行われている法律事務所に対する需要が高まっており、本格的に交通事故に係わるトラブルを解決したい場合には、コストパフォーマンスの良しあしにこだわることが望ましいといえます。

人気の高い法律事務所の大半は、ネット上で度々取り上げられることがありますが、おおよその治療費の相場などを確認しながら、適切な手続きを取ることが肝心です。そして、交通事故慰謝料の請求をする際の費用の相場に関して迷っていることがある場合には、多くの経験者のアドバイスを参考にすることによって、忙しい生活を過ごしている人であっても、便利な情報をキャッチすることが可能となります。

もしも、弁護士基準の交通事故慰謝料の請求をするポイントに関して知っておきたいことがあれば、ニーズの高い法律事務所の問い合わせ窓口などにサポートを依頼してみることで、隙間時間を使いつつ、すぐに役立つ知識を身に着けることができるといわれています。

後遺症の残る事故の際、弁護士基準の交通事故慰謝料の相場とは

後遺症の残る事故の際、交通事故慰謝料は高額になる傾向があります。しかし、後遺症が残っても、必ずしも後遺障害慰謝料がもらえるとは限りません。 後遺障害慰謝料と逸失利益を請求するためには、後遺症等級の認定がされる必要があります。後遺症といっても軽度のものから重度のものまでさまざまなものがありますが、後遺症の中でも特に重度のものである場合に、後遺症等級の認定を受けることができます。

後遺障害のうち、一番軽い14級でも、110万円の後遺障害慰謝料がもらえます。後遺障害の認定がされるかどうかで、110万円以上の差が出てくるということなので、とても重要なことです。

保険会社にとっては、後遺障害の認定を受けられると支払う金額が跳ね上がってしまうので、できれば認定を受けてほしくないと考えています。保険会社の担当者は早い段階で治療を打ち切り、示談を結んでしまおうとすることがありますが、保険会社の担当者の言いなりになってはいけません。

交通事故慰謝料では、弁護士基準が適用されることで大きく金額が上がることがあります。相談だけなら無料なので、なるべく弁護士に相談だけでもしておくようにしましょう。一度示談書にサインをしてしまうと、後で取り消すことは難しくなります。

交通事故慰謝料の弁護士基準と任意保険基準との違いについて

 交通事故慰謝料における任意保険基準とは、任意保険各社による自社基準です。そのため、公表されていませんし、任意保険会社は、自賠責基準と任意保険基準の低い方を採用して被害者に慰謝料額を提示するため、被害者が気にする必要はありません。軽傷で、後遺障害も残らなかった場合は、時間の節約のためにそのまま提示額を受け入れるか、弁護士に依頼するもしくは裁判に訴えるか、ふたつにひとつです。

被害者が個人で交渉しても、提示額が変わることはありませんから、ふたつにひとつ、しかないと考えることです。重傷の場合は、弁護士に依頼して、弁護士基準による交通事故慰謝料を得るしか道はないと考えておきましょう。弁護士費用を気にする必要はないので、必ずその道を選択することです。重傷の被害者が加害者側と個人で交渉するのは、徒労です。

 弁護士基準は、裁判の判例を元にしており、重傷者への交通事故慰謝料は、任意保険会社の自社基準よりも、かなり高く設定されています。任意保険会社の提示額よりも数百万円高くなる、数倍になるというのは珍しくありません。ひき逃げや証拠隠滅などがあった場合も、任意保険会社の自社基準では一切考慮されませんが、弁護士に依頼すると、増額されます。

交通事故慰謝料の弁護士基準と任意保険基準の示談金の違いについて

交通事故にあって、怪我を負ってしまうと、人身事故の被害者になり、加害者に対して、損害賠償金を請求できる権利が発生します。 損害賠償金の中でも大きな割合を占めるのが、交通事故慰謝料になりますが、交通事故慰謝料は、被害者の精神的な苦痛を、お金に換算するものなので、一件一件の交通事故の被害者に応じて割り出すのは非常に手間がかかります。

そのため、それぞれの置かれている立場ごとに基準が設けられるようになりました。 弁護士基準は、被害者が負った精神的負担をできるだけ補償してあげたいという立場で作られているので、弁護士基準に基づいて割り出した損害賠償金は、高い金額になります。 任意保険基準は、加害者が加入している自動車保険会社が自分の会社の利益を守る立場で作られているので、任意保険基準に基づいて割り出した損害賠償金は、低い金額になります。

被害者が弁護士を代理人に立てて示談交渉に参加している場合と、加害者が加入している自動車保険会社の専任スタッフが示談交渉に参加している場合に、それぞれが提示する示談金に違いが大きく示談交渉が難航することが多いのは、お互いの立場の違いが大きく現れているためということになります。

弁護士基準としての交通事故慰謝料

交通事故に遭って交通事故慰謝料が発生する際、加害者から保険会社を通じて金額提示や交渉などが行われます。早ければ事故直後から示談交渉が始まり、示談成立を急がれる事で被害者へサインを求めるといったケースも多く見受けられます。

また提示された金額に関して判断が求められる場面もあり、低く設定されているケースもあります。しかし、弁護士基準とされる慰謝料は、想像している以上に多く支払われることがあり、保険会社が示す自賠責基準、もしくは任意保険基準と比較しても、高い金額での慰謝料を得ることもできるという可能性があります。

交通事故慰謝料を弁護士基準に引き上げるために

交通事故に遭って被害を被っている上に、保険会社と交渉するのは骨が折れます。静養しなければならないのにできず、心身ともに疲れきってしまう人も少なくありません。交通事故慰謝料を請求する場合や、保険会社からの提示額が妥当か調べて欲しい時は、交通事故に詳しい弁護士に相談するのが一番です。

弁護士は、弁護士基準に従って交渉を行ってくれます。弁護士に依頼することで、慰謝料が4倍に増額された例もあります。弁護士に正式に依頼する前に、無料相談で聞いてみるといいでしょう。また交通事故慰謝料に詳しいか確かめることも大切です。

交通事故慰謝料における保険会社基準と弁護士基準の違い

交通事故でケガを負ったり、精神的に苦痛を受けた場合に、交通事故慰謝料として相手に請求が可能です。保険会社の提示額は、弁護士基準とは異なります。保険会社は、加入している保険の内容に従って事務的に手続きを進めるだけです。

必要最小限の額を提示するのが常です。治療に専念する必要がある時に、保険会社と交渉するのは精神的な負担も小さくありません。事例によっては、保険会社が提示したのより休業損害額が30万円以上も増額されたケースがあります。相談には費用がいらない事務所も多いので、保険会社が提示した金額が妥当なのかどうか、疑問に思ったら弁護士に相談するといいでしょう。

弁護士基準による交通事故慰謝料の内容とは

交通事故の被害者になってしまい、加害者側に損害賠償請求を実施するような大きな負傷をしてしまった際には、早急なケースであれば事故の直後から、示談の交渉がはじまることがあります。被害者との交渉相手とは、加害者が加入している保険会社の交渉の担当スタッフとなり、多くの場合は示談による成立を急がしてきます。

この際には、間違っても急いで示談書にサインする様なことはしてはいけません。なぜならば弁護士基準という、交通事故慰謝料の金額の水準があり、加害者側の保険会社が提示してくる自賠責基準、又は任意保険基準よりも、非常に高額な慰謝料を取れる可能性が出てきているからです。

交通事故に関する記事