過払い金請求について
image

交通事故相談と慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットとしては、相手と交渉するわずらわしさから解放されることと、専門家に任せることで、勝ち取れる慰謝料が高額になる可能性があることが挙げられます。

特に、交通事故専門の弁護士に交渉などを依頼すれば、その効果はより高くなると言えるでしょう。 ただし、交渉を依頼すれば、当然のことながら、そのための費用がかかるという点には注意する必要があります。また、あまりにも被害が軽微な場合は、依頼を断られることもありますが、交通事故の賠償問題は様々な要素が絡み合ってくるため、とりあえずは交通事故相談に乗ってもらった方が良いでしょう。

警察への交通事故相談の義務について

交通事故を起こした場合、警察に届け出ることは義務です。(道路交通法72条1項) もし自身が私有地内以外で交通事故を起こしたとき、物損・人身に関わらず必ず交通事故相談をしましょう。交通事故相談をしなかった場合不利益を被ります。自賠責保険などで保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」の交付が受けられなくなります。

また、交通事故の被害者となった場合でも、警察に届けることを心がけましょう。加害者に不利益になっても、届け出なければ被害者の方が不利益になります。 交通事故を起こした場合、加害者でも被害者でも必ず交通事故相談をしましょう。

交通事故相談で迷ったら法テラスへ

人身事故などを起こすと加害者は損害賠償などで不安があるかもしれません。また、被害者側でも医療費や慰謝料について示談することになりますが、相互で個人的に話をしてもまとまらないことがほとんどです。通常は示談であっても弁護士などを挟んで行うものなので、交通事故相談をどこでするか迷うこともあります。

示談交渉が初めてであったり、何度も経験があっても専門家に任せた方がより良い結果を引き出せるので、担当の弁護士がいればそちらに、伝手がないような人で交通事故相談に乗ってくれる弁護士を探しているのであれば法テラスに行くと解決します。

交通事故相談について調べておく

ドライバーとして車に乗る機会が多い人であれば、交通事故相談が必要になった時の事まで考えた上で事前に対策を行っている事が多いでしょう。交通事故相談について調べておく事によって、いざという時にも戸惑う事なく、すぐに対応する事ができるのではないでしょうか。

また、交通事故相談ができる弁護士を探しておくというのもいいでしょう。交通事故相談を行う事で、納得できる解決が目指せる事もあります。また、交通事故相談の他には、安全運転をどんな時でも心掛けるというのは基本となります。周囲の人のためにも、自分の身を守るためにも周りを確認しながら運転を行いましょう。視界が良くない夜間は注意が欠かせません。

交渉が必要になりそうなら交通事故相談

このままでは納得ができない結果となりそうだという時には、交渉しないといけない事が予想されます。そんな時には交通事故相談を利用するといいでしょう。交通事故相談の後は、法律家が協力してくれます。交通事故相談で困っている具体的な内容について相談する事によって、自分の代わりに交渉を行ってくれます。

交通事故相談を行う事は、弁護士という味方を得る事ができます。弁護士は交渉力においても優れていますので、交通事故相談を受けると、不利な立場であったとしても、対等に話をする事ができます。少しでも自分が望んでいる結果に近づく事ができるでしょう。そのために力になってくれる法律家探しをしましょう。

交通事故相談を利用した場合日数はどれくらいかかる?

一度交通事故に合ってしまった場合には一体どの程度で全て完了するのでしょうか。特に交通事故相談で弁護士に相談した場合には費用の面もありますのでできる限り早く解決することに越したことはないですよね。

特に保険会社ともそこまで揉めず、相手の人とも問題がなく進んでいけば早いものでも1ヵ月ほどで完了しますし、万が一民事裁判などになってしまった場合には1年以上を要する場合もあります。かかるスケジュールに関してはやはり事故それぞれによって大きく異なってきますので、相談をする際に大体の流れを確認しておくといいでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事