過払い金請求について
image

むちうちとは?慰謝料相場はどれくらい?

車にひかれるなどの交通事故に合ったとき高確率でなるのがむちうちです。 むちうちとは車や自転車と接触したときの衝撃で首が鞭のようにしなり、首や肩、背中に痛みを引き起こすことからそのように呼ばれるようになりました。 あまり知られていませんが、これは正式な病名ではありません。正式には「頸椎捻挫」、「頸部挫傷」、「外傷性頸部症候群」などと言います。 事故によってむちうちになってしまった場合、相手方に慰謝料を請求することができます。

その場合、慰謝料相場はどれくらいになるのでしょうか。 慰謝料相場は一律ではなく、「自賠責基準」か「任意保険基準」か「弁護士基準」かで大きく変わってきます。 自賠責基準なら慰謝料は1日4100円になります。任意保険基準なら1か月ほどの通院で12万円です。弁護士基準だと1か月の通院で15~30万円。幅が大きいですが、任意保険基準よりも高くなるケースが多いです。

また入院や通院期間が長いほど慰謝料はアップしていきます。症状が重く、後遺障害が認定された場合にも慰謝料の額は上がります。 慰謝料請求をするときはこういった情報を事前に調べて頭に入れておくと良いでしょう。その方が相手方との示談の交渉がスムーズに進みます。

むちうちで重度の後遺症が残った60代の男性の慰謝料相場とは

もらい交通事故で特に大きなケガを負ったわけではなかったものの、後日「むちうち」の症状が出て、この分の慰謝料について知りたいという声はけっこう多いです。会社を休む必要がある程度の症状か否かによっても慰謝料が変わってくることが多いですが、会社を定年された60代(無職・男性)の例をご紹介します。

後遺障害の慰謝料相場はある程度決まっています。ただ、慰謝料の決定には3つの考え方があります。1つは裁判所の判断です。事故の際には簡易裁判が行われますが、このときに慰謝料のことをごちゃごちゃいわれることはそうないでしょう。ただ、話がまとまらずに法廷で争うようなことになると、そういう可能性も考えられます。

一般的には、自賠責保険か任意保険のいずれかからむちうちなどの後遺障害の保険料が支払われることになります。これが残りの2パターンです。自賠責の場合、「日額4200円×日数」がむちうちの慰謝料相場になります。ただ、任意保険のほうが高い保険金が支払われることがありますので、保険会社としっかり折衝して、任意保険からの支払いを受けることも検討したほうがよいといえるでしょう。 仕事をされている方であれば、60代でもその前後の世代でも、「休業補償」として所定の慰謝料が支払われます。

むちうちで重度の後遺症が残った40代の男性の慰謝料相場とは

追突などの交通事故に遭った場合、見た目には怪我が見つからなくても、時間がある程度たってから、むちうちなどの症状が出てくることがあります。怪我の治療が終わったと診断された後も、傷害が残ってしまうことが多いのがむちうちです。頸部や後頭部の痛み、腕や指にしびれや脱力感など、見た目には判断がつきにくいものの、後遺症があることによって仕事だけでなく日常生活をおくる時にも支障が出ることがあります。

そんなときは傷害の慰謝料の他に、後遺障害に対する慰謝料を請求する必要があります。後遺症の症状の程度によって等級が定められており、重度だと判断されたときは1等級か2等級になります。1等級であれば慰謝料相場は2600~3000万、2等級であれば2000~2600万になります。

そしてさらに、40代の男性の場合は働き盛りの年齢であるのに、後遺症が残ったことによって働くことができなくなったときには本来獲得できたはずの収入が減少したとして、逸失利益も請求できます。重度な後遺症で第1級と第2級のような重度の等級認定をされたときは、将来における介護料を請求することもできます。介護費用に関しての慰謝料相場は1日に5000円から6500円で計算します。

むちうち慰謝料相場を調べるには

むちうち慰謝料相場を調べていくには、いくつかの方法があります。インターネットで検索をかけてみることです。そうすると、どこかの有名な弁護士がむちうち慰謝料相場をインターネット上で、伝授してくれているかも知れません。

その他にもたくさんの情報があります。交通事故相談を無料で行っている専門の機関があります。そのような場所で、しっかりと教えてもらってもいいのかも知れません。法律事務所によっては無料相談を電話やメールでされていますので、まずは試してみてもいいかも知れません。このような形で、自分にとって有益な情報を集めていくことが重要です。

むちうち慰謝料の相場は弁護士基準で算定を

交通事故に遭ったら、その衝撃で首にダメージが与えられ、むちうちになる人が最も多いようです。むちうちになると通院回数も多くなり、会社などを休業する必要が出てくる場合もあります。

むちうち慰謝料や事故の賠償金を請求するならば、交通事故に強い専門の弁護士に依頼するのが得策です。弁護士には、弁護士基準という独自の基準に従って算定をおこなった相場があります。

手続きには、主治医からの適切な診断書、レントゲンなどの画像が必要です。診断書に不備があれば主治医に話してくれるのも弁護士です。様々な手続きを進めてくれるので、身体的にも精神的にもダメージを受けた場合も、煩雑な手続きから逃れられます。

交通事故におけるむちうち慰謝料の相場について

交通事故におけるむちうち慰謝料の相場は基準によって、相場の金額が変わってきます。どの基準においても正しい処理がおこなわれなければ、慰謝料をもらうことすらできません。むちうち慰謝料を受け取るために忘れてはいけない部分を解説していきます。

交通事故が起こってしまった際には、速やかに警察に通報することです。慰謝料の支払いなどについては、交通事故証明書が必要とされます。又、加害者のナンバープレートや連絡先は必ず控えておくことです。又、交通事故になった原因や、被害箇所なども双方で確認しておくことが重要となります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

むちうち慰謝料相場に関する記事