過払い金請求について
image

むちうちの慰謝料相場はどれくらい?

むちうちとは、交通事故にあった時、首にダメージを受ける損傷です。衝撃の度合いや肉体の頑丈さでダメージの度合いは違ってきます。精神的なダメージも人によって違うので、損害額を査定し慰謝料相場を算定することは難しいのが実情です。

そうはいっても、交通事故にあって一番に考えなければならないのは、日々の生活を守ることです。たかがむちうちといっても仕事や生活に支障を及ぼすことがあります。後遺障害に悩まされて一生障害につきあっていくこともあります。その際、治療費や賠償金が正当なものでなければ、後遺障害が出たら慰謝料相場といってはいられません。 大まかな目安の金額の設定として取り入れられているのが自賠責保険基準の慰謝料です。

120万円を超えない場合の基準で実通院日数と、治療期間をもとにして算定します。治療期間90日で30万円が目安です。 任意保険基準の慰謝料は、どれくらいになるかはケガの程度や被害者の状況で変動します。 入院なしの通院6か月の場合64万円 入院1か月、通院6か月で83万円が目安となります。

他に裁判所基準の慰謝料の目安があります。弁護士を立てることが前提になるため金額提示の根拠が求められます。任意保険基準よりは高めの設定になります。 このように設定の目安はありますが、正当な賠償金を取得して、後遺症に悩まされることも考えると専門家に任せるのが最も適切な処理です。後で後悔することがないように対応してください。

交通事故によるむちうちの慰謝料相場とは

交通事故によりむちうちになった場合、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準によってむちうちの入通院慰謝料を請求することができますが、それぞれ計算方法が異なるので金額も変わってきます。

むちうちで通院3ヵ月間・実日数30日、入院3ヵ月としてそれぞれ慰謝料を計算します。 自賠責保険基準では一日あたり4200円として計算します。通院の場合は通院実日数の2倍か通院期間の少ない方を基準の日数として計算します。3か月間・30日通院した場合には、実日数30日×2倍の60日で計算するので、4200円×60日=252,000円が自賠責保険基準での慰謝料相場となります。 そして入院した場合は一日あたり4200円×90日=378,000円になります。

任意保険基準では一日あたり4200円となり、実日数ではなく通院期間分を基準に請求できます。なので、通院3ヵ月では4200円×90日=378,000円が慰謝料になります。入院の場合では一日当たり8400円となりますので、入院3ヵ月では8400円×90日=75万6000円になります。 弁護士基準では通院3か月で53万円が相場となります。入院3か月の場合は92万円となります。ただしこちらは弁護士に相談して裁判で認められた場合にこの金額になります。

むちうち被害での自己負担額と慰謝料相場について

交通事故などをきっかけにむちうち被害に遭ってしまった際、加害者に対して請求できる慰謝料にはバラつきがあります。これは、単純に怪我の度合いだけで計算ができないからです。たとえばむちうちになったことで精神的に大きなダメージを受けていたり、仕事へ甚大な影響が及ぶようであれば、慰謝料は高くなる可能性があります。つまりは被害後の状況次第で慰謝料相場は変動するということなのです。

とはいえ過去の多くの事例から、大体これくらいだろうという金額は推測できます。自賠責基準の慰謝料であれば治療日数に4200円を掛ける計算で算出されますので、仮に完治まで30日間を要したとすると12万6000円の慰謝料となります。任意保険基準の慰謝料ではおよそ1ヶ月間治療に掛かれば10万円ほどで、入院もしているのであれば14万円前後が慰謝料相場です。

ここを1つの目安に請求しておくと間違いありません。もちろん弁護士などに相談してもいいですし、加害者側の保険のことも考慮しておいた方がいいです。 ですからここから考えられる自己負担額については、実際に掛かった金額から上記の慰謝料を差し引いた分の数字となります。短期間で治る程度のむちうちであれば十分慰謝料だけでまかなえる可能性がありますので、自己負担額0円ということも珍しくはありません。ただ3ヶ月や半年以上掛かる場合や後遺症が残るまで重症化していれば、高額な慰謝料を請求しても足りないかもしれません。場合によっては数十万円必要になることもあるでしょう。そうならないためにも、しっかりと間違いのない慰謝料請求をしていくことが大切になります。

むちうち慰謝料は算出方法によって相場が異なります

むちうち慰謝料の計算方法は、3つの基準によって算出されます。その中で相場が一番高いのが、弁護士基準です。弁護士基準では、むちうち認定の等級を上げる事が出来るので、必然的に相場は高くなります。

交通事故に遭われて、慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に相談をして慰謝料を上げてもらうようにしてください。自分で引き上げようとする方もいますが、自分で慰謝料の金額を引き上げるのは、ほとんど不可能なので弁護士に依頼をしてください。依頼をすればあとは、全て代理でしてくれますので、とても楽に引き上げることが出来ます。

むちうち慰謝料を含む相場を知りたい時に

交通事故に遭ってしまった場合、怪我や休業などに関しては、加害者に対して慰謝料の請求を行う事ができます。むちうち慰謝料についても補償されており、法律に基づいた判断において条件交渉を行うには、弁護士などの国家資格を持つ法律専門家の存在が頼りになります。

提示された慰謝料金額には相場が存在するものの、どの程度の金額なのか詳しく知っている方は少ないことでしょう。加害者への言い分を上手く伝えたい時、さらに思わぬトラブルを新たに発生させたくない時にも、無料相談の窓口などを上手く活用して、損をしない交渉を進めることが重要です。

千葉県弁護士会

HP

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

むちうち慰謝料相場に関する記事