過払い金請求について
image

むちうちの慰謝料相場とリハビリ費用について

交通事故でむちうちになってしまった場合、入院費・入院準備費、治療費、リハビリ通院費、文書作成費、会社を休む時の休業費、精神的苦痛を受けた時の慰謝料などを加害者へ請求可能となっています。

被害者の被害状況がむちうちだけの場合の慰謝料相場についてですが、自賠責での上限金額である120万円、それをこえる損害を受けた時は任意保険の基準で判断する事になります。また、きちんとした損害根拠をしめす事が出来る場合は裁判所基準の慰謝料を受ける事ができます。(弁護士を立てる事が前提です)裁判所基準の慰謝料は任意保険よりも100万円高くなる事もあり、慰謝料相場の中では一番高くなります。

それぞれ慰謝料の相場が異なっていてい、自賠責の場合が一番低く、「実入院日数×2」または「治療期間」の少ない方に4200円をかけた金額となります。むちうちの場合、例えば入院1か月で通院3ヶ月であれば「入院期間30×2×4200=252,000円」が慰謝料となります。

任意保険の場合は入院無し・通院数カ月で60万円位、入院あり・通院数カ月で80万円位が相場となっています。任意保険の場合は自賠責の場合とはことなり通院期間が優先されます。ただし、半年以上の通院が続くと、保険会社から支払い中止の連絡が来る場合がありますので覚えておきましょう。

むちうちで頭痛が酷いときの慰謝料相場は?

車の交通事故の中でよく起こる怪我というのはやはり「むちうち」です。 交通事故によるむちうちで被害者の方に支払われる慰謝料とはどれくらいになるのでしょうか? 怪我の場合、人により重度は異なります。同じ衝撃を受けてもその方の体格や丈夫さによってもその度合いは変わってきますし、そうなると精神的苦痛というのも当然人によって違ってきます。

頭痛は代表的な症状の一つですが、これが事故によって患ったものなのかそうでないのか、それを断定するのは難しいところでもあります。 事故直後から頭痛がするのであれば事故が原因であるということはできますが、後日に遅れて発症する場合も珍しくありません。 その場合は事故のせいだと断定することは困難になってきます。

そして、その後何年間もその後遺症で悩ませる事があっても後遺障害と認定されず、もちろん慰謝料の項目にも入れることが出来なくなってしまうのです。 ですから一口に慰謝料相場はいくらという風に明確な金額は決まっていません。

大まかな慰謝料の計算方法は、慰謝料を含む賠償金が120万円を超えない場合は自賠責基準で計算され、「実通院日数×2」か「治療期間」のどちらか少ない方に4200円を掛ける計算になり、120万円を超える場合は任意保険の基準で入院していた日数と通院していた日数で計算されます。

むちうちで重度の後遺症が残った40代の女性の慰謝料相場とは

普通に暮らしていても交通事故に遭ってしまうことはあります。自分には非がないのに怪我まで負うのは本当につらいことです。とくにはじめは怪我がない気がしてもあとから、重度のむちうちになっていたというケースはよくあることです。事故直後は緊張もしていて、痛みを感じなくなっていてもあとから痛みが襲うのです。

まずやらなくてはならないことは、医師のいる病院で治療をするということです。半年くらい治療をしても治らないという、後遺症が残ってしまったときには、医師の診断によって症状固定というのをする必要があります。その診断によって慰謝料が決まってきます。40代の女性で仕事を持っているというときには慰謝料の相場は仕事の内容でも違いますし主婦の場合は主婦という仕事ができなかったときに損失などに照らし合わせて決められていきます。

ただ個人で相手の保険会社と交渉していったときは慰謝料相場は50万程度くらいです。むちうちは重度であっても等級は軽いです。ただそれに不服という場合は、承認しないことが必要です。交通事故に強い弁護士に依頼をして再び交渉を依頼するといいでしょう。個人で交渉するよりも高い慰謝料になる可能絵が高いです。

むちうち慰謝料相場をアップさせるためには

むちうち慰謝料相場は人によって異なってくるため「必ずこの金額が戻ってくる」と言いづらい怪我の一つで、交通事故の中でも保険金で揉めやすい症状です。そのため保険会社から提供されている保険任意額もかなり低い額に設定されており、実際にかかった費用よりも少ない金額しか戻ってこないこともあります。

大切なことは事故が起きたらすぐに病院へかかることです。むちうちはすぐにその場で痛みが出るということが少なく、後から痛みが発生する人もいます。診断が出るのが遅ければ遅いほど「本当に事故によるむちうちなのか?」と疑われてしまうことにもつながります。できれば専門家に相談する前の方がいいです。

弁護士基準が重要なむちうち慰謝料の相場とは

むちうちが後遺症障害認定されると、主に14等級や12等級に分けられるようです。むちうち慰謝料は、この認定等級で大きくかわってきます。また加害者が加入している保険会社の基準か弁護士基準によっても大きな差があるものです。

仮に14等級とした場合の相場では、自賠責保険なら32万円に対して弁護士基準なら110万円支払われることになります。保険会社で予め弁護士基準についての説明はしてくれませんし、それを知らずに後々後悔するのは、被害者自信です。交通事故の専門弁護士のホームページでは、他の症例とそれに適合する等級や相場を知ることができます。

むちうち慰謝料の相場はどうしてきまるのか

むちうち慰謝料の相場は、交通事故を起こした時に慰謝料の計算をする3つの基準によってことなります。任意保険基準では、むちうちはほとんど慰謝料の中に含まれていない為、とても低い金額で慰謝料が提示されてしまいます。

弁護士基準であれば、むちうち慰謝料としてしっかりと金額を請求することが出来るので、とても高い金額を請求することが出来ます。一般の人が弁護士基準での相場引き上げは出来ないので、弁護士に依頼をして慰謝料を引き上げてもらうようにしてください。相談着手金は無料の弁護士事務所がほとんどなので、依頼しやすい環境にあります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

むちうち慰謝料相場に関する記事