過払い金請求について
image

過払い請求でいったいいくら戻るのか

出資法で定められた上限金利を上回る高金利でお金を貸す業者は違法です。
違法な金利を取ることは許されることではありませんので、過払い請求をして取り戻すようにしましょう。

出資法では10万円未満なら15パーセント、10万円以上100万円未満では18パーセント、100万円以上なら20パーセントが金利の上限であると定められています。その分は当然の権利として返還してもらいましょう。

ただ直接業者と交渉するのは大変ですので、司法書士や弁護士がいる法律事務所の力を借りた方がいいでしょう。過払い請求は法律の専門家が直接悪徳業者と交渉してくれます。したがって過払い請求によっていくら戻るかは、その違法金利分が戻ってくることになります。

過払い金の実際の対応について

過払い金の実際の金額については、様々な法律事務所のウェブサイトなどに紹介されることがありますが、早期にそれぞれの事務所の報酬額の相場をじっくりと見極めることが良いでしょう。

また、過払い請求の仕組みを理解するためには、高度な専門的知識が必要となることがあるため、いざという時に備えて、信頼度の高い弁護士や司法書士に相談を持ち掛けることが大事です。

現在のところ、過払い金の支払い方法に関して、多くの情報誌などで特集が組まれる機会が増えてきており、まずは役立つ情報を仕入れることが大きな課題として挙げられます。

多重債務は取引記録を利用して過払い金を取り戻そう

多重債務と言うのは複数の金融機関からの借金がある事を意味していますが、利息制限法で定められている上限金利で融資を受けている場合、過剰利息でもある過払い金が発生している可能性が高くなります。

過払い金は法律の中で違法である事が認められていて、取引記録の開示請求を行い、引き直し計算を行う事で今まで支払い続けていた過剰利息の額を計算する事が出来ます。 過剰利息は本来支払う必要がないものであり、過払い金の返還請求を金融業者に対して行う事で、取り戻す事が出来るようになっており、多重債務になっている人の場合、多くの過剰利息を取り戻せるチャンスでもあるのです。

借金問題で悩んでいる時の借金相談や過払いについて

クレジットカードの利用や消費者金融からの借入などによる借金問題で悩んでいる方も少なくないです。そんな方のための借金相談をどこでおこなうかについては法テラスや自治体の窓口に最初に問い合わせるのが一番よい方法です。

特に法テラスなどでは条件次第では弁護士に依頼する費用などが貸し出される場合もあります。そして専門の弁護士の紹介もおこなってもらえます。このようにして借金問題に詳しいプロに相談することによって、借金が完済されて、うまくいくと過払い金まで戻ってくる時もあります。このような過払い金が発生しているかという点については弁護士に調べてもらうに限ります。何故ならば素人では難しい作業になるからです。

大阪での過払い金返還請求の弁護士費用の相場はいくら?

消費者金融などからの借金が返済できなくなり、悩んでしまった時には、弁護士などの法律の専門家に相談することで、支払った利息の一部を過払い金として取り戻すことができることがあります。

必要な弁護士費用は依頼先によって違いがあるので、京都や大阪などにたくさんある事務所から報酬額があまり高くないところを探すと負担も少なくなります。 大阪での過払い金請求を依頼する時に必要な弁護士費用の相場は、取り戻した金額によって違いがあり、サービスの内容による部分もありますが、請求金額の20%程度に設定している事務所も多くなっています。

過払いが多すぎる時は司法書士が使えない

140万円というラインをチェックして、それ以上の額には対応してくれない点に注意してください。弁護士は可能となっている金額ですが、司法書士は対応することができないために、他に依頼を出すこととなります。

特にかなりの額を借りていて、法定金利を超えていることがわかり、過払いが140万円を超えてしまった場合は注意です。過去に利用している消費者金融などが該当して、多額の現金を借りていると引っかかることもあります。事務所の中には、140万円以上にも対応できるように、弁護士が在籍していることもあるので、額を超えた場合は相談するといいです。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い請求・借金相談に関する記事