過払い金請求について
image

交通事故の相談ができる弁護士と調停の手続き

交通事故に関するトラブルに詳しい弁護士を見つけることで、調停などの裁判上の手続きを速やかに進めることが可能となります。 特に、相談件数の多い法律事務所の選び方については、全国の消費者の間で話題となることがあるため、交通事故に関するリスクを低くしたい場合には、すぐさま信頼のおけるスタッフとコンタクトを取ることが良いでしょう。

もしも、交通事故のアフターサービスの内容が充実している法律事務所の特徴についてい知りたいことがある場合には、より多くの顧客のアドバイスを積極的に参考にすることがおすすめできます。

交通事故の基本的な相談と弁護士の経歴

交通事故に関する基本的な知識を学ぶためには、大手の法律事務所において、腕の良い弁護士に直にサポートを依頼することが肝心です。 近頃は、一般の顧客への相談対応に力を注いでいる法律事務所の数が徐々に増えており、いざという時に備えて、交通事故の相談料金の相場をチェックすることがおすすめです。

そして、基本的なプランの内容に関しては、各地の法律事務所の公式サイトやカタログなどに詳しく紹介が行われることがあるため、定期的に隙間時間を利用しながら、ベテランのスタッフの活躍ぶりに注目をすることがとても効果的です。

交通事故の弁護士の相談と自賠責保険の補償内容

交通事故のケースによっては、自賠責保険で賄うことができないことがありますが、各分野に精通した弁護士に意見を求めることによって、数々のリスクに備えることがおすすめです。

近年では、無料相談のサービスが優れている法律事務所を頼りにする人が増えてきており、交通事故に関するトラブルを早期に解決するうえで、当事者間での話し合いをスムーズに行うことが望ましいといえます。

その他、自賠責保険の補償内容について知りたいことがある場合には、専門性の高い保険会社のスタッフに相談を持ち掛けることで、何時でも有意義な知識を得られます。

後遺障害の認定を交通事故弁護士に相談するメリット

交通事故に遭いケガをすると、そのケガの治療が終わっても症状が残ってしまうことがあります。症状が固定的で回復の見込みがなく、生活や労働能力に影響があると認められると後遺障害に認定されます。

障害として認定されると、入院・通院分の傷害慰謝料に加えて障害分の慰謝料を請求することができます。また、障害が残ってしまうことで労働能力が低下しますから将来の収入が減ってしまうことになります。この、失われる収入についても逸失利益という項目で損害賠償請求ができます。

障害には等級という制度があり、症状の内容や程度を1から16の数字で示すようになっています。そして、慰謝料や逸失利益は障害の認定等級をベースに算定される仕組みです。よって、障害にまつわる損害賠償請求では障害の等級の認定申請が必要です。

障害の等級の認定は、医師による診断書など指定の書類を整えて自賠責の審査会に対して申請します。申請は相手の保険会社に全部任せるか、被害者が自分でするふた通りの方法があります。障害の等級は受け取れる示談金の額につながりますから、被害者自身で手続きをして中身をきちんと把握しておくことで納得のいく示談交渉ができます。

示談交渉に強い交通事故弁護士は後遺障害の認定申請を親身にサポートしています。交通事故弁護士は障害の等級認定申請に必要な医学的な知識も豊富に持っているので、認定された等級に不当な点があれば再申請や不服申し立てをして被害者が最大限に正当な賠償金を受け取れるように尽力してくれます。

交通事故相談なら弁護士に

交通事故相談は、保険会社でなく交通事故弁護士にしましょう。保険会社は、加入する保険の内容に応じて事務手続きをするだけです。支給額は必要最低限にしようとしますし、被害者の保険会社と加害者の保険会社は交渉することはありません。

むしろ、良好な関係を結んでおきたいので、問題は起こしたくないと考えます。交通事故に関しては、実績がある弁護士に依頼するといいでしょう。無料相談会を実施している事務所もありますので、うまく利用するのがおすすめです。むちうちなどの症状が出たら、億劫に感じずに受診してレントゲンなど第三者にとっても根拠になるものを残しておくのが重要です。

交通事故相談はプロに依頼しよう

私たちのすぐ身近にある交通事故ですが、もしあなたが巻き込まれた場合どうしますか。その場の話し合いで済めば良いのですが、冷静に話し合うことができますか。また、正式な書類等がない場合などは後々にもめることもあります。

事故に巻き込まれた上に、その後の事後処理も自分で行うと言うのはかなりの労力が必要になります。そんな時に、誰かに交通事故相談ができると、かなり負担を軽減できるのではないでしょうか。

そんな時には、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。慰謝料や賠償金、示談交渉まで代行してくれることがありますので、信頼できる弁護士を見つけておくことをお勧めします。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事