過払い金請求について
image

交通事故慰謝料と保険会社

まず交通事故が発生した時に連絡する所は警察と保険会社だという事で認識している人は多いかと思います。

自分達で謝罪して済ませる交通事故もありますが、負傷している場合などは、慰謝料の問題もありますので、加害者に保険会社を尋ねて連絡する事が多いでしょう。

保険会社は交通事故の相談を受ける事が非常に多いかと思います。

また、相談を受けた内容について的確な慰謝料を判断するために医師を雇っています。医師が相談に応じると、やはり医学的な知識も豊富ですので、慰謝料を公平な立場で決定する事ができるシステムとなっています。

そのため、社医と呼ばれる医者の免許を持つ人を募集する事もあります。

交通事故慰謝料は入院すると増えるのか?

交通事故慰謝料は、自賠責基準での計算の場合、入通院日数が慰謝料の金額の算定に使われるので、入院をすると慰謝料の金額が増えることはあります。もちろん、慰謝料とは別で、入院にかかった費用は損害として請求できますし、仕事を休んだなら休業損害も請求できます。

怪我が重傷だった場合や治療に時間がかかった場合には、慰謝料の金額は高額になりやすいです。慰謝料は任意保険基準で計算されることが多いですが、弁護士に依頼をすればもっと高額になる裁判所基準で計算をしてもらえます。場合によっては慰謝料が大きく増額されることになるので、相談だけでも弁護士にしておきましょう。

提示された交通事故慰謝料に納得できない場合

交通事故の被害者は、加害者が任意保険に加入していた場合、賠償金の交渉を任意保険会社とおこないます。提示される金額は、妥当な金額よりはるかに低いのが普通です。たとえ加害者が、交通事故慰謝料増額事由にいくつ該当していようと、それは一切考慮されません。

任意保険会社は支払いをする当事者ですから、加害者の身内以上に加害者寄りの姿勢を示します。被害者は、慰謝料増額事由に該当していながら、それがなんら影響しないことに特に納得しかねるものです。適正な交通事故慰謝料とするためには、弁護士の力が必要です。弁護士に依頼して交渉してもらうことです。

交通事故慰謝料と神経症状の診断方法

交通事故の際に神経症状が強く出ている場合には、治療の進め方に工夫をすることで、交通事故慰謝料を多く受け取ることができるケースがあります。 一方で、このような症状を正確に診断できる医師が少ないことがあるため、定期的に名医が揃っている医療機関の特徴をきちんと理解することが大切です。

交通事故慰謝料の受け取り方については、それぞれの加害者の契約先の保険会社のシステムに大きく左右されることがあります。 そのため、もしも交通事故慰謝料に係わる手続きの取り方についてわからないことがあれば、担当者と密にコンタクトをとることがコツです。

高次脳障害を負った場合の交通事故慰謝料について

交通事故の影響で高次脳障害を負った場合には、数年から数十年以上にわたる治療が必要となることがあります。 そこで、その間の治療費の負担や収入の減少などのリスクに対応をするために、交通事故慰謝料の受け取り方をきちんと理解することが欠かせません。

最近では、無料相談のサービスが優れている大手の法律事務所において、交通事故慰謝料に関する具体的なアドバイスを受けることが可能です。 また、高次脳障害の程度や治療期間の長さについてわからないことがあれば、主治医や保険会社の担当者などとコンタクトをとることも大切です。

妊婦の場合の交通事故慰謝料について

絶対にあってはならないことですが、妊婦さんが運転している際の交通事故の場合、少なからず胎児にも影響を及ぼすことがあります。そこで、妊婦さんに特に知っておいて欲しい事は、交通事故慰謝料請求には時効があるということです。

加害者が特定の場合、3年で時効が成立します。そのため、示談書の作成時には別途特約などで、胎児に対する交通事故慰謝料請求についてだけは、生まれてから別途請求するなどの留保をもたせて後回しにすると良いでしょう。また、ムチウチ等のレントゲン検査が出来ず、慰謝料が払われない場合などもあるため、専門分野に詳しい弁護士への御相談をお勧め致します。

事故で被害者が求める交通事故慰謝料とは

千葉・茨城には、交通事故の被害者の味方となり親身にサポートしてくれる交通事故弁護士のいる法律事務所があります。 交通事故の被害者は、被った損害について相手に対して損害賠償を求めることができます。賠償を求めることができる項目のひとつに、交通事故慰謝料があります。これは、交通事故に遭ってケガの治療を受けたり、仕事を休まなければならなくなったことなどによって受ける精神的な苦痛に対する賠償金です。

慰謝料には、治療費や物損関連の費用とは異なる点があります。それは、治療費や物損の修理・買い替え費用などが実費が原則であるのに対して、交通事故慰謝料では精神的に被った苦痛に対しての賠償金という性質から個人差という問題が生ずることです。

個人差が大きく尺度化できないので、交通事故慰謝料には事故ごとの格差を抑えて定額化するための計算基準が決められています。慰謝料の計算基準は、自賠責保険の基準・任意保険の基準・弁護士の基準と3つあります。そして、3つのうちどの基準を使って計算するかで慰謝料の金額は変わってきますので要注意です。賠償金を抑えたい立場にある相手の保険会社は、示談交渉の中で安い基準で計算した慰謝料を提示して合意に持ち込む可能性があります。 千葉・茨城で交通事故の被害者になってしまったら、交通事故弁護士に相談することで一番高額に計算される弁護士基準の慰謝料を交渉してもらえます。

交通事故慰謝料の計算方法と増額の成功について

交通事故慰謝料は、加害者の精神的な苦痛という具体的な金額に換算しにくいものを、算出する必要があるため、前もって幾つかの基準が定められています。 その基準を使って交通事故慰謝料は計算されるのですが、金額が低い設定の基準と、金額が高い基準というものがあり、加害者側は示してくるのは、金額が低い自動車保険会社が定めた任意保険基準というものが使われた計算方法で割り出した金額の損害賠償金を提示してきます。

損害賠償金の増額を成功させるためには、金額が高い基準を使った交通事故慰謝料を計算する方法で行う必要がありますが、この金額が高い基準は弁護士基準といい交通事故の損害賠償金について争われた裁判所の判例について熟知している人でないと取り扱うことが難しい基準となっています。

千葉県や茨城県は車社会ですので、交通事故の示談交渉の経験が豊富な弁護士が在籍している法律事務所がたくさん設立されています。 そのため、交通事故の損害賠償金の増額を成功させるためには、交通事故が原因で怪我を負った段階で交通事故の示談交渉の経験が豊富な法律事務所を探して問い合わせる必要があります。 相談するのが早ければ早いほど示談交渉に向けて充分な準備ができるので、早めに相談するのが良い方法になります。

交通事故慰謝料を弁護士基準に見直す、依頼費用について

交通事故慰謝料の算定基準には、一番低い自賠責保険があり多くはこれが利用されています。次が任意保険基準、そして最も高い弁護士基準となり、他に裁判基準とも呼ばれています。これを獲得するには、弁護士に依頼した方が良さそうです。

弁護士に依頼するとなると、高くついてしまうのでは、と心配するかもしれませんが、もし任意保険に弁護士特約などがついていれば、300万円までの弁護士に対する費用はかからずに済みます。また他の方法として、交通事故の法人の専門機関を利用すれば、時間はかかりますが、無料で弁護士に依頼することも可能です。

交通事故慰謝料における弁護士基準とは

交通事故慰謝料における弁護士基準があります。弁護士の基準は高い金額であることがわかっていて、その特徴から裁判基準とも言われています。しかしながら、賠償金はどの案件であっても苦痛による代償となりますので、金額で測るのは非常に難しいと言われています。

専門家である弁護士の先生に任せるのが、一番得策になってきます。特に交通事故の案件の場合は、被害者である依頼人と弁護士の利害が完全に一致しますので、心から安心して任せることができます。それでも不安な場合には専門の機関に問い合わせてみるといいかも知れません。

交通事故に関する記事