過払い金請求について
image

過払い請求費用の内訳について

過払い請求の費用について総額を見ると、結構高額だなと思う人もいるかもしれません。
では、その費用の内訳についても見ていきましょう。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、過払い請求を開始する前にまず着手金と呼ばれる費用が必要になってくるかと思います。

報酬においては、2種類に分かれており、基本報酬と過払い報酬があります。
前者は一定の費用が決められていて、いかなる結果においても支払う費用になります。

そして、後者は過払い請求における返還額によって異なります。

基本的にはこのような内訳になっている事が多い様ですが、事務所ごとに決められている料金体系は違いますので、参考程度に理解しておく事をおすすめします。

費用の内訳を把握しておくと今後の予定も立てやすいですね。

消費者金融から過払い金を取り戻す

消費者金融からの借金を重ねていくうちに借金が膨らんでしまったという人はたくさんいます。そんな人を救うための措置としてあるのが債務整理です。債務整理にも様々な種類のものがありますが、手軽に借金を減額させることができる方法として過払い金請求があります。

消費者金融からお金を借りた際の金利が法律で定められた上限を超えていた場合、その超過分を取り戻すというものです。過払い金請求をスムーズに行うためには弁護士や司法書士に手続きしてもらうのがおすすめです。まずは弁護士や司法書士に借金相談をして借金問題解決のための第一歩を踏み出しましょう。

司法書士の費用の相場とは

司法書士の費用の相場をきちんと理解したい場合には、複数の専門の事務所の取り組みに目を向けることが求められます。 近頃は、大阪の周辺の事務所の活躍ぶりについて、数々のメディアでピックアップされることがあるため、過払い金や自己破産の問題を解決するために、じっくりと情報収集をすることが良いでしょう。

また、司法書士のサポートの内容についてわからないことがあれば、無料相談のチャンスを活用することがおすすめです。 その他、まずは具体的な司法書士の報酬額の計算方法をマスターすることが成功のポイントとして挙げられます。

司法書士の書類の作成方法

過払い金の返還請求を希望する人の数は、年々増加傾向にありますが、書類の作成を大阪の司法書士に任せることがとても大事です。 最近では、書類の記載事項にこだわりのある人が目立ちますが、いざという時に備えて、司法書士の事務所の取り組みに目を向けることが肝心です。

そして、自己破産に関する相談対応が優れている事務所に問い合わせをすることがおすすめです。 もしも、司法書士の報酬額の相場について迷っていることがある場合には、同年代の人々の成功体験談を参考にすることで、誰しも安心して行動をすることができるようになります。

過払いの返済は司法書士が代行

なかなか自分で過払いを取り戻そうと思っても難しいケースが多いと思われますので、その際には司法書士に交渉などを代行してもらう事によって、無理なく取り戻せるという事もあるかと思われます。過払いの返済は司法書士に代行してもらうのがいい解決法である場合もある様です。

自分で過払いの交渉を金融機関にすると、司法書士などの法律家でないと対応しないと伝えられる事もあるようです。金融機関により過払いの対応は異なりますが、司法書士などの法律家を通さないと応じないという事も少なくない様です。過払いの請求は司法書士が代行してくれると、後は結果の連絡が来るのを待つのみではないでしょうか。

過払いを司法書士に相談するタイミング

どのタイミングで司法書士に過払いの相談をすればいいのかという事ですが、返済中に相談する事もできますし、また完済後に相談する事もできます。返済中であれば、過払いについて司法書士に相談をする事を覚えている場合が多いと思いますが、完済してしまうと、過払いを司法書士に相談するという事をうっかり忘れてしまったり、後回しにしている間に時効が過ぎていたという事も考えられます。

そのため、過払いを司法書士に相談する予定がある人は、できるだけ早い方がいいでしょう。過払いを司法書士に相談して取り戻せる可能性が高いのは時効までですので、忘れない間に相談しておくのがベストではないかと思われます。

司法書士に過払い金請求を依頼するメリット

司法書士に過払い金請求を依頼する最大のメリットは、自分と金融機関の間に入って代理人をつとめてくれるため、自分が直接交渉をする必要がないという所です。また委任契約をした後には受任通知を依頼主が借金をしている所に受任通知を出してくれるため、毎日のように来ていた返済の催促の通知が一切来なくなります。

心の負担はかなり軽減できると言っていいでしょう。また自分の借金内容について改めて整理することができるようになるので、その点でも相談だけでもする価値があります。自分にいくらの過払い金があるのかは無料で見てくれる所が多いので、実際に請求するかは別として、電話をかけてみるだけでも得る物があります。

司法書士においての過払い請求で考えられるケースとは

貸金業者に対して、過払い金請求を行うにあたって、個人再生や任意整理などの債務整理を同時に行うことができます。しかしながら扱う案件が140万以上となってしまうと司法書士では扱うことのできない案件となってしまいますので、弁護士の先生に依頼することをおすすめします。

過払い金の回収金額によっては、債務整理の方針も変わってきますので、過払金の処理を先に行うことをおすすめします。不安や御門が残る場合には、一度無料相談などで相談してみることをおすすめします。相談し納得した上で、依頼することが重要となってきます。

過払い請求・借金相談に関する記事