過払い金請求について
image

交通事故慰謝料の各基準の計算方法

交通事故慰謝料には、自賠責基準や裁判基準があり、それぞれで基準となる数字も、計算方法も異なります。自賠責基準での入通院慰謝料には、けがの重傷度は関係がなく、治療期間や入通院日数で決まります。

治療期間と入通院をした日数×2のうちで、少ない日数のほうに4200円をかけ、計算します。  裁判基準は、各地域によって異なります。

基準は公表されており、どこでも、けがの重傷度が重要視されています。また、入院と通院を分けて扱い、入院のほうに手厚い基準となっています。表を見ながら被害者の入院と通院の期間をたどり、そこから交通事故慰謝料を算出します。

慰謝料の相談は保険会社の前に交通事故相談所へ

慰謝料や賠償金を保険会社へ請求する前にまずは弁護士に相談をかけてみませんか?なぜかというと交通事故相談所などではただ請求するだけではなく、弁護士基準と呼ばれる実際に起きた事例を元に制定された基準書を作成する際に参考にされたと言われている法律を使用することができるためです。

勿論こちらは個人が使って、これを元に保険会社へ請求をかける事は可能ですが、素人相手ではまともに話を聞いてくれない所がほとんどですし、上手く言いくるめられてしまってはそれ以上追及することもできません。一方専門家が交渉することによって相手に上手に逃げられてしまう可能性を潰すことができます。

交通事故相談と慰謝料について

交通事故が起こってしまった際の処理や、交渉事は数多くあります。加害者側は円滑に示談で済まそうとしてきますが、安易に承諾してはいけません。それは被害者側の知識がないのをいいことに、低い金額での示談金にしてしまっている可能性があるからです。

全ての保険会社がそうだとは言いませんが、その可能性は非常に高いと言えます。そのようなさいには弁護士などの専門家に交通事故相談をすることです。そして慰謝料や賠償金などの相談も応じて下さいますので、まずは電話やインターネットなどで、問い合わせしてもいいかも知れません。

慰謝料の相談交通事故相談は弁護士に

交通事故に合ってしまった際に慰謝料や賠償金を請求することがあるかと思いますが、そんな時に交通事故相談所に依頼するのが一番相手から自分が望んだ通りの金額を受け取ることができます。なぜかというと弁護士基準というものを使用できるからです。

こちらは東京三弁護士会の交通事故処理委員会によって発表されているもので、赤本・青本などを決定する時にも元になっているものです。こちらは実際にあった事例などに基づいて制定されているため金額も大きいですし、なにより真実性が高いため裁判などになった時も非常に有利に話を進めていくことができます。

慰謝料が発生したら交通事故相談を

交通事故による被害に遭ってしまった場合、保険会社を通じて加害者との間に賠償金や慰謝料などの問題について、条件交渉が行われます。当事者同士での交渉がなかなかスムーズに進まない時など、何か問題を抱えた場合に頼りたいのは交通事故相談です。

弁護士などが在籍する事務所機関への相談によって、自分たちでは行うことが困難な問題解決への近道となります。インターネットを活用することによって、専門機関を探し出せることはもちろん、無料で相談業務が取り扱われているなど、誰でも気軽に利用で居るサービスも展開されていることがあります。

弁護士基準の交通事故慰謝料は正確

個人で基準を設けてしまうと、その基準がバラバラになりますので、価格の問題が大きくなってしまいます。個人基準で判断するのではなく、弁護士基準を活用した方がいいです。こちらの方が正確になり、交通事故慰謝料の問題を起こさないのです。

後遺障害の大きなものから、むちうち程度のあまり大きくない症状まで、お金の問題にしっかり取り組むことができます。間違った知識で相談をして、相手に失礼を与えるわけには行かないので、弁護士の方に基準を出してもらいます。この基準は比較的問題が起こりづらいので、正確なものとして活用できます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故に関する記事