過払い金請求について
image

交通事故慰謝料と弁護士基準と保険会社

保険会社からすると間に弁護士に入られてしまうのは実はかなり手続きをすすめづらいのです。なぜかというと、相手が被害者だったら自賠責保険の計算方法に基づいて慰謝料を提供すればいいのですが、間に弁護士が入ってくるとこちらの価格を提示するわけにはいきません。

なぜならこれで出てきた価格は1番安い価格帯になっており、あまりに安い価格を提示してしまうと訴訟を起こされてしまう可能性があるからです。安い価格を提示して訴訟を起こされてしまうよりも、それだったら弁護士基準で最初から交通事故慰謝料の金額を提示して方が自分たちにとってもいいことだらけなのですが、それでも自賠責より高くなることに変わりはありません。

交通事故慰謝料の相場を交通弁護士基準によって解決します

あまり多くの方に知られていない交通事故慰謝料についてご案内します。負傷した箇所を病院で治すだけが保険ですが、交通事故に遭ったことによる通院、治療、休業、雑費、交通費、その他精神的なダメージなど様々な出費や負担がかかります。しかし、人と争うのは嫌だ、交渉して金額を釣り上げる、なかなか一般の方にはやりにくいものです。

交通事故弁護士がそんな悩みもカバーします。妥当でありながら、納得のいく公正な弁護士基準に則り解決します。結論から言えば一般の方がこれを行うのは困難です。しかし、本来ならもっともらえる金額を一般の方は知りません。

交通事故慰謝料と弁護士基準とタイミング

交通事故慰謝料の請求をかける際に弁護士に依頼しようとしている人はどのタイミングで依頼をかけたらいいのか迷ってしまいますよね。多いのはまずは自分で請求をかけてみて、それで提示されてきた金額が非常に低かったので納得がいかず、弁護士に依頼して再度請求をかけてもらった所、弁護士基準での金額が提示されてきたので非常に値段が上がったという事例です。

できれば最初に請求をかける時点から依頼をかけておけば二度手間にならなくて済みますし、最初から弁護士が間に入っているのといないのでは保険会社の対応が全く異なってくるのが事実です。

交通事故慰謝料は自分で決めず弁護士基準を参考にしよう

誰もが生活するうえで避けられない交通事故です。軽微なものから重篤なものまで様々な事故が毎日起こっています。出来ることなら一生遭わずに生活したいものです。しかし、万が一交通事故に遭ってしまったときは必ず警察に電話しましょう。そこからが問題です。相手に過失がある場合、身体にダメージがあった場合には、交通事故慰謝料を請求することが出来るかもしれません。

自己判断や、相手の保険会社の対応で納得いく場合でも、交通事故慰謝料は相場というものがあるので弁護士に依頼し、協力してもらいましょう。慰謝料には相場があり弁護士基準が設けられています。落ち着いて対応し、弁護士基準を聞いておきましょう。

交通事故慰謝料で弁護士基準の金額にしたい

交通事故慰謝料には3つの基準があります。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。交通事故の被害者が、自由に基準を選べるわけではありません。選べるのならば、誰もが最も高額になる基準を選びます。弁護士基準の慰謝料を手に入れるには、弁護士に依頼して、裁判を起こす事が必要なのです。

弁護士費用が高額になれば、意味がないのではないかと躊躇する人も多いです。最近の保険には、無料で弁護士を依頼できる、弁護士の費用を負担する特約が付いたものもあります。弁護士を依頼して、プラスになる場合以外は費用をとらない事務所もあります。

弁護士基準で交通事故慰謝料を請求しましょう

交通事故慰謝料は3つの基準で計算されます。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準です。一番安価なのが、自賠責基準で一番高価なのが弁護士の基準での慰謝料計算です。この2つの基準の差は倍以上になる場合もあります。

交通事故に遭遇し、保険会社が提示してきた慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に交通事故相談を行い、提示されている金額が適正かどうか調べてもらいましょう。不適正の場合は、弁護士基準で計算をしてもらい、相手方に請求をしてもらうようにしてください。弁護士が全て代理で交渉をしてくれるので、とても簡単に相場を引き上げることが出来ます。

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

交通事故に関する記事