過払い金請求について
image

TOP 交通事故慰謝料弁護士基準 弁護士基準で交通事故慰謝料をもらいましょう

目次

  1. 弁護士基準で交通事故慰謝料をもらいましょう
  2. 弁護士基準による交通事故慰謝料の内容とは
  3. 交通事故慰謝料を弁護士基準に引き上げるために
  4. 交通事故慰謝料における保険会社基準と弁護士基準の違い

弁護士基準で交通事故慰謝料をもらいましょう

交通事故に遭われてしまった場合に、発生するのが慰謝料です。交通事故慰謝料には、いろいろな基準があり、任意保険基準、自賠責保険基準、弁護士基準があります。

その中でも、弁護士基準が一番高いとされています。

その理由は、弁護士は交通事故による裁判を、たくさんしていますので、判例に基づいて算出するので、高い慰謝料を請求することが出来ます。

これを素人の方が、弁護士と同じように高い慰謝料を請求しようとしても、却下されるので保険会社などが提出してきた、慰謝料が安すぎると思ったら、弁護士に依頼をして、弁護士の基準での交通事故慰謝料を、もらうようにしましょう。

交通事故慰謝料弁護士基準について

弁護士基準による交通事故慰謝料の内容とは

交通事故の被害者になってしまい、加害者側に損害賠償請求を実施するような大きな負傷をしてしまった際には、早急なケースであれば事故の直後から、示談の交渉がはじまることがあります。

被害者との交渉相手とは、加害者が加入している保険会社の交渉の担当スタッフとなり、多くの場合は示談による成立を急がしてきます。

この際には、間違っても急いで示談書にサインする様なことはしてはいけません。なぜならば交通事故慰謝料弁護士基準の金額の水準があり、加害者側の保険会社が提示してくる自賠責基準、又は任意保険基準よりも、非常に高額な慰謝料を取れる可能性が出てきているからです。

交通事故慰謝料を弁護士基準に引き上げるために

交通事故に遭って被害を被っている上に、保険会社と交渉するのは骨が折れます。静養しなければならないのにできず、心身ともに疲れきってしまう人も少なくありません。

交通事故慰謝料を請求する場合や、保険会社からの提示額が妥当か調べて欲しい時は、交通事故に詳しい弁護士に相談するのが一番です。

弁護士は、弁護士基準に従って交渉を行ってくれます。弁護士に依頼することで、慰謝料が4倍に増額された例もあります。

弁護士に正式に依頼する前に、無料相談で聞いてみるといいでしょう。また交通事故慰謝料に詳しいか確かめることも大切です。

交通事故慰謝料における保険会社基準と弁護士基準の違い

交通事故でケガを負ったり、精神的に苦痛を受けた場合に、交通事故慰謝料として相手に請求が可能です。

保険会社の提示額は、弁護士基準とは異なります。保険会社は、加入している保険の内容に従って事務的に手続きを進めるだけです。

必要最小限の額を提示するのが常です。治療に専念する必要がある時に、保険会社と交渉するのは精神的な負担も小さくありません。

事例によっては、保険会社が提示したのより休業損害額が30万円以上も増額されたケースがあります。

相談には費用がいらない事務所も多いので、保険会社が提示した金額が妥当なのかどうか、疑問に思ったら交通事故弁護士に相談するといいでしょう。

交通事故慰謝料に関する記事