過払い金請求について
image

TOP 交通事故慰謝料 誠意を示す為の交通事故慰謝料

目次

  1. 誠意を示す為の交通事故慰謝料
  2. 交通事故慰謝料で請求できるものと知っておくべきこと
  3. 自転車でも起きる交通事故慰謝料について

誠意を示す為の交通事故慰謝料

多くの場合、交通事故は自ら起こそうと思って発生するのではありません。あなたが車を運転している時、他のことを考えたり、或いは被害者に気付くのが遅れたりして不測のうちに起こしてしまうものなのです。

たとえあなたに 悪意がなかったとしても、被害者は怪我をおってしまうだけでなく、事故を起こしたことによって車が破損し、目的地に荷物を届けられない、あるいは仕事ができず無収入に陥るという状況もありえます。

被害者の怪我といった補償だけではなく、経済面で被害者が不利益を受けないようにするため、そして被害者が安心してもとの生活をおくれるよう、精神面で支えとなるようにするための誠意、それが交通事故慰謝料なのです。

交通事故慰謝料弁護士基準について

交通事故慰謝料で請求できるものと知っておくべきこと

交通事故慰謝料と言うと事故の規模や年齢、性別や職業などによりさまざまで、金額も違います。似たようなもので、賠償金というものがありますが、これは、破損した車やバイクの修理代、ケガの入院費や治療費、仕事を休まなければいけなかった期間の損害費などにあたります。

一方で交通事故慰謝料は、入院や治療にあたっての苦痛や精神的なダメージに対して支払われるお金になります。

これを混同してしまうと、誤解を招いてしまい、適正な額をもらうことができなくなる可能性があるため、いざというときのため知識として知っておくことも大切です。

自転車でも起きる交通事故慰謝料について

交通事故が多発していてニュースや新聞などで取り挙げられることも良くあるでしょう。誰もが交通事故には遭いたくないと思っていますが、気をつけるべきなのは自動車を運転している方だけではありません。

自転車に乗っている方や歩行者も交通事故に直面することが多くなっているのです。

特に自転車の交通事故が増えていて、中には死亡事故に発展してしまうこともあります。自転車に乗っていた方が学生で、加害者となってしまった場合は交通事故慰謝料を求められても支払えないでしょう。

両親などが代わりに支払うことになりますが、保険に加入しておくと慰謝料も減らせるので、自転車でも保険に加入しておくと良いです。

交通事故慰謝料に関する記事