過払い金請求について
image

TOP 借金相談 過払い 過払い請求 過払い大阪 グレーゾーン金利とは?

目次

  1. グレーゾーン金利とは?
  2. 過払い金の発生状況について
  3. 弁護士による過払い請求の解決事例
  4. 返済中の人が過払い金の借金相談をする時の注意点
  5. 過払い請求和解後の延滞解消登録は?
  6. 司法書士においての過払い金請求について
  7. 整理した上で弁護士会に過払いの相談
  8. 書類が大事な弁護士会への過払い相談

グレーゾーン金利とは?

債務整理とは、多くの債務を負った人が債務を解消し、再生をはかることを言います。その方法については、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産などがあります。

また、個人に限らず、会社の場合にも適用されます。法律の制限以上に支払っていたグレーゾーン金利の返還を求める過払い請求を行うことも債務整理になります。

債務に負われ、どうしようもない場合、生活の立て直しを図るために行うのが債務整理です。任意整理は、月の支払いの減額や借金の総額の減額、以降の利息の減額を図るために弁護士と債権者で相談しながら交渉していくもので、裁判所は通さない方法です。

特定調停は、民事調停の一種で、支払いができなくなった人が簡易裁判所に申し立てをおこない、債務を解消して再生を図るための方法です。

裁判所の派遣する調停委員が間に入って、債務者と債権者の話し合いをするものです。この決定は、裁判の確定判決と同じ効力を持つものになります。

民事再生とは、事業者にとっては、再建を目的とした倒産制度の意味あいがあります。

また、個人の債務者にとっては、持ち家を所持したまま、経済生活の再生を図るための制度で、自己破産とは大きく違います。自己破産とは、債務者の申し立てによって破産宣告を求めるものです。

財産などがある場合には、管財手続きもします。多額に債務を負って支払い不能となった個人や会社を救済する意味あいを持つ制度です。

過払い金の発生状況について

過払い金の状況を理解するにあたり、プロの法律事務所に相談を持ち掛けることで、弁護士や司法書士などから有意義な助言を受けることが可能です。

とりわけ、過払い請求の大切さに関しては、様々な年代の消費者の間で話題となることがありますが、様々なトラブルを回避するうえで、しっかりと依頼先の選び方にこだわることが良いでしょう。

過払い金の相場については、多くの法律事務所のパンフレットや公式サイトなどに詳しく掲載されることがあるため、少しでも迷っていることがあれば、早いうちに便利な情報を集めることがとても重要です。

過払い請求・借金相談に関する記事

弁護士による過払い請求の解決事例

もし、利用を検討している弁護士による過払い請求の解決事例が十分にある場合には、相談を前向きに考えてみるのもいいでしょう。

解決事例が多いからと言って、自分のケースにおいても弁護士が過払い請求を確実に解決してくれるとは言い切れない事もありますが、解決事例が多い方が不安なく相談できると感じる人もいるでしょう。

過払い請求では、弁護士の実力も大事だと思われます。過払い請求の相談をどの弁護士にするかという事で、かなり迷う人もいる様です。

できるだけたくさんの弁護士を見つけた上で比較して過払い請求の相談をするというのもいいでしょう。実績の他にも費用などいろんな点で比較するのもいいでしょう。

過払い請求を大阪でするなら「過払い 大阪」で検索。

返済中の人が過払い金の借金相談をする時の注意点

すでに借金を完済してしまっている人は、過払い金返還請求をしてもお金が戻ってくるだけなので、デメリットはありません。

しかし、返済中の人は、場合によっては任意整理をすることになるので、少し注意をする必要があります。

過払い金を引き直し計算した結果、借金がゼロになるならデメリットはありません。しかし、借金が残ってしまう場合には、残った借金を任意整理することになります。

弁護士は勝手に任意整理をしてしまうことはなく、借金相談をする段階で教えてくれますので、基本的には心配は不要ですが、説明をしっかりと聞いておくことが重要です。

過払い請求和解後の延滞解消登録は?

過払い請求和解後の延滞解消登録の方法に関しては、それぞれの貸金業者の基準によって、大きなバラつきが出ることがあるため、担当者と相談をしつつ、スムーズに手続きを進めることがポイントです。

特に、複数の貸金業者からの借入額が膨らんでいる場合には、手続きが長引くことがあるため、実績のある弁護士や司法書士などに対応を依頼することが効果的です。

その他、定期的にすでに過払い金の返還請求を依頼したことがある人の体験談を参考にすることで、延滞解消登録のポイントを速やかに把握することが把握することが可能となります。

司法書士においての過払い金請求について

借金を返済したとき、その際に過払い金が発生したかどうか確かめ、発生していたら過払い金請求を行えます。その際に自力で請求をすると相手にされない場合が多くあるので、専門家に依頼をすることがおすすめです。

専門家については数多くいますが、それぞれの特性や、メリットデメリットがあります。一番スムーズだと言えるのが弁護士になりますが、その分弁護士費用や成功報酬が高い傾向にあります。

費用をある程度抑えたい人には司法書士をおすすめしますが、140万円までの金額の案件しか扱えない点があります。調査においては無料で行ってくれる期間もありますので、一度依頼してみてもいいかも知れません。

整理した上で弁護士会に過払いの相談

ぜひ、自分も弁護士会に過払いの相談がしたいという場合には、可能な範囲で借入について整理しておきましょう。

弁護士会に過払いの相談する際には、弁護士に対して分かりやすく状況を説明する必要があります。

特に、弁護士会に過払いの相談する際に、複数の借り入れに対して手続きを行うとなれば、書類を用意して目を通しておきましょう。

弁護士会に過払いの相談する際には、以前の借り入れに対して、取り戻すための手続きを行いたいという人もいます。

記憶が曖昧になっている事もあるかと思いますので、弁護士会に過払いの相談の際には、分かりやすくしましょう。また、書類がない場合も対応してもらえる事もあります。

書類が大事な弁護士会への過払い相談

手ぶらで弁護士会への過払い相談を受けるのではなく、事前に確認しておくべき事があります。

弁護士会への過払い相談については、書類の存在が重要になってきます。弁護士会の過払い相談を受けるのであれば、取引が分かる書類を手元に用意しておきましょう。

以前の借り入れに対して弁護士会への過払い相談を行う場合には、自分自身の記憶も曖昧になってしまっている事もあります。

弁護士会への過払い相談を受ける際に、書類を整理する事で、自分自身も内容を正確に把握するきっかけとなるでしょう。

書類は大事ですが、紛失したりして、手元にない場合も対応可能な場合もありますので、借入について整理しましょう。

大阪、京都、神戸で多重債務による過払い、債務整理の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [弁護士法人みお綜合法律事務所公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

STD過払い金請求についてTOP 借金相談 過払い 過払い大阪 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 弁護士の交通事故相談 弁護士、法律事務所京都 むちうち慰謝料相場