過払い金請求について
image

TOP 弁護士、法律事務所京都 過払い 過払い請求 本気で過払いしたい人は司法書士の所で

目次

  1. 本気で過払いしたい人は司法書士の所で
  2. 司法書士でも長くかかる事もある過払い
  3. 過払いの有無を司法書士に聞く
  4. 司法書士に依頼するメリットとは
  5. 過払い金の上限金利について
  6. 過払い金の判断をするには
  7. 完済後に司法書士へ過払い相談
  8. webサイトで確認する過払い請求の弁護士
  9. 過払い請求は放っておいてはいけません
  10. 過払い請求の大きな問題点
  11. 過払い請求についての考察
  12. 過払い請求の仕組みについて
  13. 手続きは任せたい過払い金返還請求
  14. 過払い請求の後の生活
  15. 長い時間が経過した過払い
  16. 訴訟を検討したい過払い金返還請求
  17. 債務整理の4つの種類
  18. 債務整理に関する言葉が難しい

本気で過払いしたい人は司法書士の所で

自分でどうしようか迷っているばかりでは過払いについても解決できない事もあります。

本気で過払いをしたいと考えている人は、積極的にベストだと思える司法書士を見つけ出し、その人に話をしてみるといいでしょう。

最初のアクションを起こすのは、他の誰でもなくあなた自身です。正式に過払いを依頼するかどうか決められないでいるという人でも、無料相談会などがあれば相談してみて、その後に考え直すというのもいいかもしれませんね。

また、何か悩んでいる事があったりする場合には、相談しましょう。司法書士に話す事で問題がクリアできるかもしれませんね。

司法書士だからこそ、相談できる事もあるかもしれません。

大阪 過払いは大阪弁護士会所属弁護士みお 大阪、京都、神戸。

司法書士でも長くかかる事もある過払い

支払過ぎた利子を取り戻す事を過払いと言いますが、そうだと分かると過払いは司法書士に依頼するととても簡単にできそうな手続きに感じられるかもしれません。

しかし、実際には司法書士の専門家がいないと前に進むのが難しくなったりする事もあるみたいですね。

また、プロである司法書士が過払いの問題に取り掛かったとしても、数か月程度かかる場合が多く、場合によっては長引く場合もあるみたいですね。

また、取引履歴が手元にない場合には過払いで必要になるので、司法書士が金融機関に対して請求する事になり、その場合には更に長い時間がかかってしまうという事も予想されます。

司法書士でも過払いは長くかかる事もあるという事を頭に入れておきたいですね。

過払いを大阪でするならkabaraikin.com

過払いの有無を司法書士に聞く

取引履歴を見ただけでは、すぐに過払いの金額が分かるという分けではありません。過払いの有無というのはやはり気になる点ですが、正確に把握したい時には司法書士に相談すると早いかと思います。

司法書士に相談すると、取引履歴の情報を元にして司法書士が過払い金を計算してくれます。過払いが発生している場合には、そのまま司法書士にする事も多いと思いますが、有無の確認だけであれば報酬が発生しない事もあるみたいです。

もしかすると、自分の過払いの対象となっているかもしれないと感じた時には、できるだけ早めに司法書士に相談を持ち掛けるようにしたいですね。きっと解決に向けて大きな一歩を踏み出せる事でしょう。

司法書士に依頼するメリットとは

自己破産や過払い請求などの訴訟に関わらない法的な手続きは、司法書士に依頼することができます。では、弁護士ではなく、司法書士に依頼するメリットとはどこにあるのでしょうか。それは、ずばり費用の安さです。

弁護士と違って、遂行可能な司法手続きに制限はありますが、自己破産や登記などの司法書類の作成だけであったり、過払い請求などの少額の手続きであれば依頼できます。

簡単な手続きや書類の作成の場合は、手軽で費用が抑えられるというメリットを利用しない手はないでしょう。弁護士に相談する前に、費用も含めた相談をしてみることをお勧めします。

過払い金の上限金利について

過払い金の返還の手続きを取るためには、貸金業者の上限金利の特徴を理解することが求められます。

近頃は、優秀なスタッフが在籍している法律事務所の選び方について、多くの消費者の間で話題となることがありますが、まずは過払い金の内容をじっくりと把握することが良いでしょう。

また、過払い金の返還請求のメリットやデメリットについては、一般の消費者にとって、正しく判断をすることが難しいことが分かっています。

そこで、いざという時に備えて、プロのスタッフから助言を受けることが成功のポイントとしてみなされることがあります。

過払い金の判断をするには

借金の返済方法をきちんと理解するにあたり、定評のある弁護士や司法書士が在籍している事務所の取り組みに目を向けることが良いといえます。

近頃は、過払い金の返還請求の利点について、数多くのメディアでピックアップされることがあるため、まずは冷静に判断をすることが重要なテーマとして挙げられます。

また、過払い金の金額を計算するためには、ある程度の専門的な知識が必要となりますが、いざという時に備えて、常日ごろから同じような立場の人から助言を受けることで、将来的なトラブルを未然に防ぐことができるようになります。

完済後に司法書士へ過払い相談

もちろん返済中に司法書士へ過払い相談する事もできますが、金融機関と険悪な関係になってしまいたくないという場合には、完済後に司法書士へ過払い相談する事もできます。

また、あまり時間が経ってしまうと、面倒に感じられる事も多いと思いますので、司法書士へ過払い相談をするなら、できるだけ早い方がいいでしょう。

完済後に司法書士へ過払い相談する際には余裕をもって行う事ができると思われますが、この先どんな事があるか分かりませんので、早めの対応を心掛けるといいでしょう。

司法書士へ過払い相談する場合には、借入の書類などは処分しないで、すべて保管しておく必要があります。用意しておきましょう。

webサイトで確認する過払い請求の弁護士

知り合いに弁護士を紹介してもらう事ができなくても、過払い請求を依頼できる人を探すのはwebサイトを用いる事によって、比較的容易に行う事ができるでしょう。過払い請求の弁護士についてはwebサイトを確認しましょう。

webサイトを見ると、過払い請求に関する事が分かるのはもちろんですが、弁護士についても情報を集める事ができます。また、メールや専用フォームから過払い請求について弁護士に相談できる事もあります。

パソコンがなくてもスマホから過払い請求を専門的に扱っている弁護士を見つける事もできるでしょう。webサイトにくまなく目を通しているだけでも、詳しくなる事もあるかと思われます。

過払い請求は放っておいてはいけません

過払い請求をずっと放っておくのはよくありません。気づかないうちに自己破産してしまいます。過払い請求は、過去に遡って過払い分を取り戻すことができますので、弁護士などに早めに相談しましょう。

自己破産はあなたの人生を狂わせるだけでなく、家族や親せきや友達にも悪影響を及ぼします。あなた自身と家族と親せきや友達が健全な人生を生きられるよう常に金銭面のことを気にするようにいたしましょう。

それらのことを気にするだけで、きっとバラ色の人生を送ることができるでしょう。金銭面で余裕ができプライベートが充実することでしょう。

過払い請求の大きな問題点

過払い請求をしている方と自己破産手続きしている方はまったく異なると世間は理解していないとされています。

自己破産はその後の生活にいくつかの制限があり、住宅ローン等に支障がでるとされています。過払い請求された方には特に支障がなく、生活を送れます。

その誤解が少ない理由とされています。また弁護士事務所か過払い金返還請求を悪用に使用している事例もあり、なかなか弁護士事務所へ依頼を躊躇している傾向もあるとされています。

特に消費者金融などを相手にするときは、対象者は不安を覚えるとされています。そこが今後の展開に、影響を与えるとされます。

過払い請求についての考察

多重債務が原因で、苦しんでおられる方、または、家族や友人に苦しんでおられる方がいる方は、過払い請求することによって、借金返済の道が開けて、苦しみから解放されるかもしれません。

請求する事が出来るかどうか、まずは、専門家である弁護士さんに相談しましょう。

請求することが出来ることが分かったら、払いすぎていた利子が返ってくるかもしれませんし、借金を完済することが出来るかもしれません。

それで、このような法律的な事は、一般の人には分かりにくいので、一人で借金について悩まず、専門家の助けを早く求めることが大事でしょう。

過払い請求の仕組みについて

過払い請求は、お金を借りて返済を続けた人が、払い過ぎた利息の返還を求める請求のことです。

これは、昔は、出資法により、年29.2パーセントを超えない場合には刑事罰に問われないため、多くのサラリーマン金融などが、高い利子を取ってお金を貸していたことが背景にあります。

その後、最高裁の判例などにより、年20パーセントなどの利息制限法を超える利子については、返還請求ができるようになり、それを根拠とした過払い金の返還請求が行われるようになりました。

これにより、多重債務で苦しんでいた人の一部は救済されるようになりました。

大阪、京都、神戸で多重債務による過払い、債務整理の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [弁護士法人みお綜合法律事務所公式・大阪事務所・京都駅前事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

手続きは任せたい過払い金返還請求

弁護士や司法書士というのは過払いにおけるプロです。そのため、過払い金返還請求は自分で行うのではなくて、弁護士や司法書士といった法律家に手続きを任せる事で、ベストな対応をする事ができるでしょう。

過払い金返還請求というのは、専門性が求められますので、知識がないまま、自分で手続きを行ってしまうと、ベストである対応ができているかどうかという事は分かりません。

また、金融機関に対して、過払い請求を行った際に、交渉が必要となる場合もありますが、その際に分からない事が多いと、思う様に言いたい事を伝えられないという事も考えられます。そのため、たとえ法律家に支払うためのコストがかかったとしても、過払い請求は自分で行うという人は少ないみたいです。

過払い請求の後の生活

自分が過払い金返還請求を行った際には、その後の生活がどの様に変化するのかという事について気になっている人も少なくない様です。

過払い金の返還請求を行うと、支払い過ぎてしまった費用が戻ってきますので、少し生活が楽に感じられたりする事もある様です。また、過払い請求を行うと、その金融機関から新規で借入をするという事が、それ以降できなくなってしまうケースもある様です。

過払い請求の後にも、新規の借り入れをしたいという場合には、別の金融機関を利用するなどという工夫が必要となる場合もある様です。できれば同じ金融機関をこれからも利用したいと考えているのであれば、過払い請求を行う事を考え直してみるのもいいでしょう。

長い時間が経過した過払い

時として、昔借りていた借金に対して、過払い請求を行いたいという人もいるかと思われます。

過払い請求というのは、以前の借り入れに対しても行う事ができますが、時効がありますので、どの程度前なのかという事を考えないといけません。過払いにおける時効というのは、完済してから10年となっています。

10年というのはかなり長い時間となりますので、記憶が曖昧になってしまっている事もあります。そんな時には、事実を確認しましょう。過払い金返還請求においては書類があれば、すぐに確認を行う事ができますが、ない場合は、過払い金返還請求の際に法律家に相談する事で、以前取引していた金融機関に対し書類を取り寄せる事もできるそうです。

訴訟を検討したい過払い金返還請求

交渉を行うだけで、過払い金の回収を実現できればいいですが、実際には対応していただけない事もあるそうです。そんな時に、どうするか考えないといけません。

過払い金を回収するために、訴訟を行うという方法もあります。過払い金がそれほど高額ではない場合には、訴訟を考えたいという人もいるかと思いますので、自分で結論を出すといいでしょう。

過払い金返還請求における訴訟に関しては、ケースバイケースで対応している人もいる様です。

過払い金の回収において、自分自身が満足できるかどうかという事が大切になります。弁護士などの専門家によるアドバイスを聞きながら、これからどの様に対応していきたいのか決定するといいでしょう。

債務整理の4つの種類

返せなくなった借金を、法律の専門家に依頼して整理をしてもらうことを債務整理といいます。これには4つの手法があります。

まず、任意整理という、法律家に債権者と債務者の間に入ってもらい、交渉して借金返済の期間を延ばしたり利息を免除する方法があります。

次に個人再生という住宅ローン以外の債務を減額する方法、自己破産という裁判所に申請して税金以外の債務を免除してもらう方法があります。

最後に特定調停といって、調停委員が債権者と債務者の間に入って返済計画を考える裁判所の手続きがあります。

何れにしてもメリット、デメリットがありますので、よく考えて選びましょう。

債務整理に関する言葉が難しい

債務整理は難しく感じる方が多くいると思いますが、任意整理や自己破産などさまざまな手段で借金を完済する方法です。そう考えると、とてもシンプルな考えに思えます。

自分では難しいことでも、専門家にお願いして対応してもらうことも出来るので、デメリットをほとんど感じません。

借金でお悩みの方は、一度専門家へ相談してみるのも良いかもしれません。話すことで、気持ちも楽になるし、メンタルの面でも救われることがあるかもしれないのです。

一人で悩まずに、是非専門家などに相談して、自分にあった返済方法をみつけることができれば良いでしょう。

過払い請求・借金相談に関する記事

完済前の過払い金返還請求について

完済前の過払い金返還請求について。法律事務所ホームワン

公開日:2009/12/09

クレジットカード会社にお勤めのみなさまへ 過払い金請求をためらっていませんか?

クレジットカード会社にお勤めのみなさまへ 過払い金請求をためらっていませんか?弁護士法人名古屋総合法律事務所。

公開日:2017/12/26

メニュー

STD過払い金請求についてTOP 借金相談 過払い 過払い大阪 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 弁護士の交通事故相談 弁護士、法律事務所京都 むちうち慰謝料相場